NisBase.vdmのエラー:ダウンロードしてトラブルシューティング

最終更新:07/03/2019
[平均読了時間:4.5分]

VDM Specificationファイルとしても知られる、NisBase.vdmは、Microsoft様によって、Windows 10の開発用に作成されました。VDMのファイルは、実行可能アプリケーション (VDM Specification)のファイルタイプのカテゴリに該当します。

NisBase.vdmは最初に10/18/2013に、Windows 8.1 オペレーティングシステムで、Windows 8.1用に開発されました。 Windowsの10に対する最新のファイルリリース日は07/29/2015です [バージョン10]。 NisBase.vdmは、%os_version_1%%とWindows 8.1のソフトウェアパッケージにバンドルされています。

このまま以下を読み続けて、詳細なファイル情報、VDMのファイルのトラブルシューティング、NisBase.vdmの複数のバージョンの無料ダウンロードを見つけてください。


推奨ダウンロード:NisBase.vdm / Windows関連のレジストリの問題をRocketPCで修正してください。

Windows 10、8、7、Vista、XP、2000と互換性があります

平均ユーザー評価

 

SolvusoftによるRocketPC用のオプションのご提供
| EULA | 個人情報保護方針 | 規約 | アンインストール


ファイルの概要


一般情報
ファイル名: NisBase.vdm
ファイル拡張子: VDMのファイル拡張子
ファイルの種類: 実行可能アプリケーション
説明: VDM Specification
ユーザー人気ランキング:
 
開発者およびソフトウェア情報
ソフトウェアプログラム Windows 10
開発者: Microsoft
ソフトウェア: Windows
ソフトウェアバージョン: 10
ファイルの詳細
ファイルサイズ(バイト): 1368856
最も古いファイルの日付: 07/29/2013
最新ファイルの日付: 03/18/2017


NisBase.vdmのエラーメッセージとは何ですか? 


NisBase.vdmのランタイムエラー。

ランタイムエラーは、「ランタイム」中に発生するWindowsのエラーです。ランタイムはまさに読んで字のごとくです。これは、これらのVDMのエラーは、Windowsが起動しているとき、またはすでに実行中のときに、NisBase.vdmを読み込もうとした際ににトリガーされることを意味します。ランタイムエラーは、Windowsの使用時に遭遇する、最も一般的な形式のVDMのエラーです。

ほとんどの場合、プログラムの実行中に発生するNisBase.vdmのランタイムエラーは、プログラムが異常終了する原因となります。これらのNisBase.vdmのエラーメッセージの大部分は、Windowsが起動時にこのファイルを見つけられなかったか、ファイルが壊れているからで、起動プロセスが途中で中止する結果になります。一般に、Windowsはこれらのエラーを解決しなければ開始できません。

最も一般的なNisBase.vdmのエラーには、次のものがあります:

  • NisBase.vdm - 悪い画像。
  • NisBase.vdm アプリケーションエラー。
  • NisBase.vdmが見つかりませんでした。
  • NisBase.vdmをインストールできませんでした。
  • NisBase.vdmを起動できませんでした。クラスが登録されていません。
  • NisBase.vdmを開始できませんでした。
  • NisBase.vdm は正しく初期化できませんでした。
  • NisBase.vdmに問題が発生したため、終了する必要があります。ご不便をおかけしてしまい申し訳ございません。
  • NisBase.vdmは有効なWin32アプリケーションではありません。
  • NisBase.vdmは実行されていません。
  • NisBase.vdmを見つけられません。
  • プログラムの開始エラー:NisBase.vdm
  • 障害が発生しているアプリケーションパス: NisBase.vdm。
  • ファイルNisBase.vdmは見つからないか破損しています。
  • Windowsの起動に失敗しました-NisBase.vdm
システムエラー


コンピュータにNisBase.vdmが存在しないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するためにプログラムを再インストールしてみてください。

そのため、アンチウィルスを常に最新の状態に保ち、定期的にスキャンすることが重要です。

これらのエラーを適切に解決するために、NisBase.vdmのエラーの原因を見つけることが重要です。NisBase.vdmに影響するこれらのVDMのエラーのほとんどは起動時に発生しますが、Windows 10を使用しているときにランタイムエラーが発生することがあります。これは、Microsoft様によるプログラミングが不十分だったり、他のソフトウェアやサードパーティのプラグインと競合したり、ハードウェアが損傷したり古くなったりすることが原因で発生する場合があります。また、これらのタイプのNisBase.vdmのエラーは、誤って移動、削除、またはマルウェア感染によって破損した場合に発生する可能性があります。そのため、アンチウィルスを常に最新の状態に保ち、定期的にスキャンすることが重要です。



3ステップでNisBase.vdmエラーを修正する方法(完了までの時間:~5-15分)

上記のいずれかのエラーメッセージが表示された場合は、これらのトラブルシューティング手順に従ってNisBase.vdmの問題を解決してください。これらのトラブルシューティング手順は、推奨される実行順序でリストされています。


ステップ1:PCをエラー発生前の最新の復元ポイント、「スナップショット」、またはバックアップイメージに復元します。

システムの復元を開始するには(Windows XP、Vista、7,8、および10):

  1. Windowsのスタートボタンをクリックします
  2. 検索ボックスが表示されたら、「システムの復元」と入力し、「ENTER」を押します。
  3. 検索結果で、[システムの復元]を見つけてクリックします
  4. 管理者パスワードをご入力ください(該当する場合/求められた場合)。
  5. システム復元ウィザードの手順に従って、関連する復元ポイントを選択します。
  6. コンピュータをそのバックアップ画像に復元します。

ステップ1でNisBase.vdmのエラーが解決できない場合は、下記のステップ2に進んでください。

ステップ2:SFC(システムファイルチェッカー)を実行し、破損しているか失われているNisBase.vdmのファイルを復元します。

システムファイルチェッカーは、破損したシステムファイルをスキャンして復元することを可能にする、すべてのWindowsバージョンに含まれているユーティリティです。SFCツールを使用して、NisBase.vdmのファイルの不足または破損を修正します(Windows XP、Vista、7、8、および10)。

  1. Windowsのスタートボタンをクリックします
  2. 検索ボックスに、「cmd」と入力する一方で、「ENTER」は押さないでください。
  3. キーボードの「CTRL-Shift」を押しながら「ENTER」を押します。
  4. 許可ダイアログボックスが表示されます。
  5. ボックスで、[はい]をクリックします。
  6. 黒い画面に点滅するカーソルがあるはずです。
  7. その黒い画面で、「sfc /scannow」と入力し、「ENTER」を押します。
  8. SFCは、NisBase.vdmの問題およびその他のシステムファイルの問題のスキャンを開始します。
  9. 画面上のコマンドに従ってプロセスを完了します。

このスキャンにはしばらく時間がかかることがありますので、動作している間はしばらくお待ちください。

このステップ2も失敗した場合、下記のステップ3に進んでください。

sfc /scannow

ステップ3:Windows Updateを実行します。

最初の2つの手順で問題が解決しない場合は、Windows Updateを実行するのは良い考えかもしれません。発生した多くのNisBase.vdmのエラーメッセージは、古いWindowsオペレーティングシステムが一因の可能性がございます。Windows Updateを実行するには、以下の簡単な手順に従ってください:

  1. Windowsのスタートボタンをクリックします
  2. 検索ボックスに、「アップデート」と入力し、「ENTER」を押します。
  3. Windows Updateのダイアログボックスで、[アップデートを確認する](またはWindowsのバージョンに応じて同様のボタン)をクリックします。
  4. アップデートがダウンロード可能な場合は、「アップデートのインストール」をクリックします。
  5. アップデートが完了したら、PCを再起動します。

Windows UpdateがNisBase.vdmのエラーメッセージを解決できなかった場合は、次の手順に進みます。 この最終ステップは、上級のPCユーザー様にのみ推奨されます。



これらの手順が失敗した場合:NisBase.vdmのファイルをダウンロードして置き換えてください(注意:上級)

前の3つのトラブルシューティング手順のいずれでも、問題が解決していない場合は、適切なNisBase.vdmのファイルのバージョンをダウンロードして置き換えることによる、より積極的なアプローチを試すことができます(注意:アマチュアPCユーザー様には推奨されません)。当社は、該当するあらゆるバージョンのWindows用に、100%マルウェアフリーのNisBase.vdmのファイルの包括的なデータベースを維持しております。あなたのファイルをダウンロードして正しく置き換えるには、以下の手順に従ってください。

  1. 以下の「NisBase.vdmのファイルをダウンロード」のリストであなたのWindowsオペレーティングシステムのバージョンを探します。
  2. 該当する 「今すぐダウンロード」ボタンをクリックし、あなたのWindowsファイルのバージョンをダウンロードします。
  3. あなたのWindowsバージョン用の適切なディレクトリにファイルをコピーします。

  4. Windows 10: C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Definition Updates\Default\
    Windows 8.1: C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Definition Updates\Default\
  5. コンピュータを再起動してください。

この最後のステップが失敗し、まだエラーが発生している場合、残りのオプションはWindows 10をクリーンインストールすることだけです。


ギークヒント: Windowsの再インストールは、非常に時間がかかり、NisBase.vdmの問題を解決するのは高度な作業であることを強調しなければなりません。データの損失を避けるために、処理を開始する前に重要な文書、画像、ソフトウェアインストーラ、およびその他の個人データをすべて確実にバックアップしておく必要があります。現在データをバックアップしていない場合は、すぐにデータをバックアップする必要があります。



NisBase.vdmのファイルをダウンロード(マルウェアテスト済み100%クリーン)


注意 : NisBase.vdmを適切なWindowsシステムディレクトリにダウンロードしてコピーすることを強くお勧めいたします。Microsoft様は通常、Windows VDMのファイルをダウンロード用にリリースしません。なぜなら、それらはソフトウェアインストーラの中に一緒にバンドルされているからです。インストーラのタスクは、NisBase.vdmとその他のすべてのVDMのファイルをWindows用にインストールして配置する前に、すべての正しい検証が行われていることを確認することです。VDMのファイルが正しくインストールされていないと、システムが不安定になり、プログラムやオペレーティングシステムが完全に機能しなくなる可能性があります。慎重に進んでください。

Windows 10
Windows 8.1


NisBase.vdmに関連するファイル


NisBase.vdmに関連するVDMのファイル

ファイル名 説明 ソフトウェアプログラム(バージョン) ファイルサイズ(バイト) ファイルの場所
mpasdlta.vdm VDM Specification Windows 8.1 405272 C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Defin...
mpasdlta.vdm VDM Specification Windows Vista 9832 C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Defin...
MpAvDlta.vdm VDM Specification Windows 8.1 831256 C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Defin...
MpAvDlta.vdm VDM Specification Windows 10 88336 C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Defin...
mpasdlta.vdm VDM Specification Windows 10 36624 C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Defin...

NisBase.vdmに関連するその他のファイル

ファイル名 説明 ソフトウェアプログラム(バージョン) ファイルサイズ(バイト) ファイルの場所
JAVA_01.MID MIDI Audio Office 2007 9797 C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\CLIPART...
UIRibbonRes.dll Windows Ribbon Framework Resources Microsoft® Windows® Operating System (6.1.7601.17514) 1164800 C:\Windows\System32\
mdmeiger.inf Setup Information Windows 10 35700 C:\Windows\inf\
CNB7BEBA.ICM Image Color Matching Profile Windows Vista 329296 C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\...
ONINTL.DLL.IDX_DLL UICaptions Support File Template Microsoft Office 2013 (15.0.4531.1000) 17096 C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\1033\


RocketPC

SolvusoftによるRocketPC用のオプションのご提供 | EULA | 個人情報保護方針 | 規約 | アンインストール


アルファベット順にその他のファイル拡張子を参照:   # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

体験版のソフトウェアをダウンロードしています。39.95USドルの1年間のソフトウェアサブスクリプションをご購入いただくと、すべてのソフトウェア機能のロックを解除することができます。サブスクリプションは、期末に自動更新されます(詳細はこちら)。上の「ダウンロードの開始」ボタンをクリックし、「ソフトウェア」をインストールすることにより、私はSolvusoftのエンドユーザー使用許諾契約書および個人情報保護方針を読み、同意したことを認めます。