Umbus.sysのエラーを修正および今すぐダウンロード

最終更新:05/06/2020
[読むのに必要な時間:3.5分]

User-Mode Bus Enumeratorファイルとしても知られる、umbus.sysは、Microsoft様によって、Microsoft® Windows® Operating Systemの開発用に作成されました。SYSのファイルは、Win32 EXE (ダイナミックリンクライブラリ)のファイルタイプのカテゴリに該当します。

Umbus.sysは最初に11/08/2006に、Windows Vista オペレーティングシステムで、Windows Vista用に開発されました。 07/29/2015に、バージョン10.0.15063.0 (WinBuild.160101.0800)がWindows 10に対してリリースされました。 Umbus.sysは、Windows 10、Windows 8.1、そしてWindows 8にあります。

以下に、包括的なファイル情報、簡単なSYSのファイルのトラブルシューティングの手順、および利用可能な各ファイルバージョン用の無料のumbus.sysのダウンロードの一覧が記載されています。

Jason Geater氏(著)によるファイル分析


推奨ダウンロード:umbus.sys / Windows関連のレジストリの問題をWinThrusterで修正してください。

Windows 10、8、7、Vista、XP、2000と互換性があります

平均ユーザー評価

 

SolvusoftによるWinThruster用のオプションのご提供
| EULA | 個人情報保護方針 | 規約 | アンインストール


ファイルの概要


一般情報
ファイル名: umbus.sys
ファイル拡張子: SYSのファイル拡張子
説明: User-Mode Bus Enumerator
オブジェクトファイルの種類: Dynamic link library
ファイルオペレーティングシステム: Windows NT 32-bit
MIMEタイプ: application/octet-stream
ユーザー人気ランキング:
 
開発者およびソフトウェア情報
ソフトウェア開発者: Microsoft Corporation
ソフトウェアプログラム Microsoft® Windows® Operating System
法的著作権: © Microsoft Corporation. All rights reserved.
ファイルの詳細
文字セット: Unicode
言語コード: English (U.S.)
ファイルフラグ: (none)
ファイルフラグマスク: 0x003f
エントリポイント: 0x1f42
コードサイズ: 40448


umbus.sysのエラーメッセージとは何ですか? 


Umbus.sys 死のブルースクリーン(BSOD)エラー

umbus.sysで問題が発生する理由は多数あります。SYSのファイルに関する問題のほとんどには、死のブルースクリーン(BSOD)エラーが含まれています。これらの種類のumbus.sysのエラーは、ハードウェアの問題、旧式のファームウェア、破損したドライバ、またはその他のソフトウェア関連(例:Windowsのアップデート)の問題によって発生する可能性があります。これらのエラーには次のものがあります:

問題が検出され、あなたのコンピュータの損傷を防ぐためにWindowsがシャットダウンされました。この問題は、次のファイルによって発生しているようです:umbus.sys.

:( あなたのPCは、あなたのPCが処理できない問題に遭遇しました。今すぐ再起動する必要があります。オンラインでエラーを検索できます: [BSOD] (umbus.sys).

STOP 0x0000000A: IRQL NOT LESS EQUAL (umbus.sys)
STOP 0x00000050: PAGE FAULT IN A NONPAGED AREA (umbus.sys)
STOP 0x0000007E: SYSTEM THREAD EXCEPTION NOT HANDLED (umbus.sys)
STOP 0x0000001E: KMODE EXCEPTION NOT HANDLED (umbus.sys)
STOP 0x0000003B: SYSTEM SERVICE EXCEPTION (umbus.sys)
STOP 0×0000007A: KERNEL DATA INPAGE (umbus.sys)

死のブルースクリーンのエラーを解決することが重要です

ほとんどの場合、新しいハードウェア、ソフトウェア(Windows)をインストールしたり、失敗したWindows Updateを実行すると、umbus.sysのBSODエラーが発生します。他の場合、マルウェア感染によるソフトウェア破損が、umbus.sysの死のブルースクリーンエラーにつながる場合があります。そのため、アンチウィルスを常に最新の状態に保ち、定期的にスキャンすることが重要です。


ギークヒント: 経験則として、コンピュータにハードウェアやソフトウェアの変更を加える前に、Windowsの「スナップショット」バックアップ/システム復元ポイントを作成することを常にお勧めいたします。そうすれば、最近の変更後にumbus.sysの死のブルースクリーンエラーが発生するという不幸な出来事があっても、システムを復元するのは非常に簡単です。



3ステップでumbus.sysエラーを修正する方法(完了までの時間:~5-15分)

上記のいずれかのエラーメッセージが表示された場合は、これらのトラブルシューティング手順に従ってumbus.sysの問題を解決してください。これらのトラブルシューティング手順は、推奨される実行順序でリストされています。


ステップ1:PCをエラー発生前の最新の復元ポイント、「スナップショット」、またはバックアップイメージに復元します。

システムの復元を開始するには(Windows XP、Vista、7,8、および10):

  1. Windowsのスタートボタンをクリックします
  2. 検索ボックスが表示されたら、「システムの復元」と入力し、「ENTER」を押します。
  3. 検索結果で、[システムの復元]を見つけてクリックします
  4. 管理者パスワードをご入力ください(該当する場合/求められた場合)。
  5. システム復元ウィザードの手順に従って、関連する復元ポイントを選択します。
  6. コンピュータをそのバックアップ画像に復元します。

ステップ1でumbus.sysのエラーが解決できない場合は、下記のステップ2に進んでください。

ステップ2:SFC(システムファイルチェッカー)を実行し、破損しているか失われているumbus.sysのファイルを復元します。

システムファイルチェッカーは、破損したシステムファイルをスキャンして復元することを可能にする、すべてのWindowsバージョンに含まれているユーティリティです。SFCツールを使用して、umbus.sysのファイルの不足または破損を修正します(Windows XP、Vista、7、8、および10)。

  1. Windowsのスタートボタンをクリックします
  2. 検索ボックスに、「cmd」と入力する一方で、「ENTER」は押さないでください。
  3. キーボードの「CTRL-Shift」を押しながら「ENTER」を押します。
  4. 許可ダイアログボックスが表示されます。
  5. ボックスで、[はい]をクリックします。
  6. 黒い画面に点滅するカーソルがあるはずです。
  7. その黒い画面で、「sfc /scannow」と入力し、「ENTER」を押します。
  8. SFCは、umbus.sysの問題およびその他のシステムファイルの問題のスキャンを開始します。
  9. 画面上のコマンドに従ってプロセスを完了します。

このスキャンにはしばらく時間がかかることがありますので、動作している間はしばらくお待ちください。

このステップ2も失敗した場合、下記のステップ3に進んでください。

sfc /scannow

ステップ3:Windows Updateを実行します。

最初の2つの手順で問題が解決しない場合は、Windows Updateを実行するのは良い考えかもしれません。発生した多くのumbus.sysのエラーメッセージは、古いWindowsオペレーティングシステムが一因の可能性がございます。Windows Updateを実行するには、以下の簡単な手順に従ってください:

  1. Windowsのスタートボタンをクリックします
  2. 検索ボックスに、「アップデート」と入力し、「ENTER」を押します。
  3. Windows Updateのダイアログボックスで、[アップデートを確認する](またはWindowsのバージョンに応じて同様のボタン)をクリックします。
  4. アップデートがダウンロード可能な場合は、「アップデートのインストール」をクリックします。
  5. アップデートが完了したら、PCを再起動します。

Windows Updateがumbus.sysのエラーメッセージを解決できなかった場合は、次の手順に進みます。 この最終ステップは、上級のPCユーザー様にのみ推奨されます。



これらの手順が失敗した場合:umbus.sysのファイルをダウンロードして置き換えてください(注意:上級)

前の3つのトラブルシューティング手順のいずれでも、問題が解決していない場合は、適切なumbus.sysのファイルのバージョンをダウンロードして置き換えることによる、より積極的なアプローチを試すことができます(注意:アマチュアPCユーザー様には推奨されません)。当社は、該当するあらゆるバージョンのWindows用に、100%マルウェアフリーのumbus.sysのファイルの包括的なデータベースを維持しております。あなたのファイルをダウンロードして正しく置き換えるには、以下の手順に従ってください。

  1. 以下の「umbus.sysのファイルをダウンロード」のリストであなたのWindowsオペレーティングシステムのバージョンを探します。
  2. 該当する 「今すぐダウンロード」ボタンをクリックし、あなたのWindowsファイルのバージョンをダウンロードします。
  3. あなたのWindowsバージョン用の適切なディレクトリにファイルをコピーします。

  4. Windows 10: C:\Windows\System32\drivers\
    Windows 10: C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\umbus.inf_x86_fe261502cfa80d21\
    Windows 8.1: C:\Windows\System32\drivers\
    Windows 8.1: C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\umbus.inf_x86_40e7a3558710d96a\
    Windows 8: C:\Windows\System32\drivers\
    さらに6個ディレクトリを表示 +
    Windows 8: C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\umbus.inf_x86_37d25647fbe4f672\
    Windows 7: C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\umbus.inf_amd64_neutral_2d4257afa2e35253\
    Windows 7: C:\Windows\System32\drivers\
    Windows Vista: C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\umbus.inf_58c4d6d8\
    Windows Vista: C:\Windows\System32\drivers\
    Windows Vista: C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\umbus.inf_9f323940\
  5. コンピュータを再起動してください。

この最後のステップが失敗し、まだエラーが発生している場合、残りのオプションはWindows 10をクリーンインストールすることだけです。


ギークヒント: Windowsの再インストールは、非常に時間がかかり、umbus.sysの問題を解決するのは高度な作業であることを強調しなければなりません。データの損失を避けるために、処理を開始する前に重要な文書、画像、ソフトウェアインストーラ、およびその他の個人データをすべて確実にバックアップしておく必要があります。現在データをバックアップしていない場合は、すぐにデータをバックアップする必要があります。



umbus.sysのファイルをダウンロード(マルウェアテスト済み100%クリーン)


注意 : umbus.sysを適切なWindowsシステムディレクトリにダウンロードしてコピーすることを強くお勧めいたします。Microsoft様は通常、Windows SYSのファイルをダウンロード用にリリースしません。なぜなら、それらはソフトウェアインストーラの中に一緒にバンドルされているからです。インストーラのタスクは、umbus.sysとその他のすべてのSYSのファイルをWindows用にインストールして配置する前に、すべての正しい検証が行われていることを確認することです。SYSのファイルが正しくインストールされていないと、システムが不安定になり、プログラムやオペレーティングシステムが完全に機能しなくなる可能性があります。慎重に進んでください。

Windows 10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7
Windows Vista


umbus.sysに関連するファイル


umbus.sysに関連するSYSのファイル

ファイル名 説明 ソフトウェアプログラム(バージョン) ファイルサイズ(バイト) ファイルの場所
ws2ifsl.sys Winsock2 IFS Layer Microsoft® Windows® Operating System (6.2.9200.16384) 16384 C:\Windows\System32\drivers\
megasas.sys MEGASAS RAID Controller Driver for Windows 7\Server 2008 R2 for x64 MEGASAS Storport Driver for Windows 7\Server 2008 R2 for x64 (4.5.1.64) 35392 C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\...
HIMEM.SYS Windows System Configuration Windows 10 8960 C:\Windows\System32\
fs_rec.sys File System Recognizer Driver Microsoft® Windows® Operating System (10.0.15063.0) 26520 C:\Windows\System32\drivers\
vmgid.sys Virtual Machine Guest Infrastructure Driver Microsoft® Windows® Operating System (10.0.15063.0) 8704 C:\Windows\System32\drivers\

umbus.sysに関連するその他のファイル

ファイル名 説明 ソフトウェアプログラム(バージョン) ファイルサイズ(バイト) ファイルの場所
WWAN_profile_v1.xsd XML Schema Definition Windows 8.1 6201 C:\Windows\L2Schemas\
WLANAP_profile_v1.xsd XML Schema Definition Windows 8.1 7548 C:\Windows\L2Schemas\
WLANAP_profile_v1.xsd XML Schema Definition Windows 10 7548 C:\Windows\L2Schemas\
WLAN_profile_v1.xsd XML Schema Definition Windows 10 18585 C:\Windows\L2Schemas\
WLAN_policy_v1.xsd XML Schema Definition Windows 8.1 7627 C:\Windows\L2Schemas\


RocketPC

SolvusoftによるWinThruster用のオプションのご提供 | EULA | 個人情報保護方針 | 規約 | アンインストール


アルファベット順にその他のファイル拡張子を参照:   # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

体験版のソフトウェアをダウンロードしています。39.95USドルの1年間のソフトウェアサブスクリプションをご購入いただくと、すべてのソフトウェア機能のロックを解除することができます。サブスクリプションは、期末に自動更新されます(詳細はこちら)。上の「ダウンロードの開始」ボタンをクリックし、「ソフトウェア」をインストールすることにより、私はSolvusoftのエンドユーザー使用許諾契約書および個人情報保護方針を読み、同意したことを認めます。