Xmsrv.dll DLLエラー:ダウンロードしてトラブルシューティング

最終更新:05/09/2020
[記事を読むための時間:5分]

Microsoft SQL Server Analysis Services VertiPaq Moduleファイルとしても知られる、xmsrv.dllは、Microsoft様によって、Microsoft SQL Server Analysis Servicesの開発用に作成されました。DLLのファイルは、Win64 DLL (ダイナミックリンクライブラリ)のファイルタイプのカテゴリに該当します。

Xmsrv.dllは最初に、Office 2013を使用して、01/29/2013に、Windows 8オペレーティングシステム用にリリースされました。 Microsoft Office Professional Plus 2013 2013用の最新ののファイルバージョンはv2011.0110.2809.027で、12/19/2012にリリースされました。 Xmsrv.dllはWindows 10とWindows 8にあります。

このまま以下を読み続けて、詳細なファイル情報、DLLのファイルのトラブルシューティング、xmsrv.dllの複数のバージョンの無料ダウンロードを見つけてください。

Jason Geater氏(著)によるファイル分析


推奨ダウンロード:xmsrv.dll / Microsoft Office Professional Plus 2013関連のレジストリの問題をWinThrusterで修正してください。

Windows 10、8、7、Vista、XP、2000と互換性があります

平均ユーザー評価

 

SolvusoftによるWinThruster用のオプションのご提供
| EULA | 個人情報保護方針 | 規約 | アンインストール


ファイルの概要


一般情報
ファイル名: xmsrv.dll
ファイル拡張子: DLLのファイル拡張子
説明: Microsoft SQL Server Analysis Services VertiPaq Module
オブジェクトファイルの種類: Dynamic link library
ファイルオペレーティングシステム: Windows NT 32-bit
MIMEタイプ: application/octet-stream
ユーザー人気ランキング:
 
開発者およびソフトウェア情報
ソフトウェア開発者: Microsoft Corporation
ソフトウェアプログラム Microsoft SQL Server Analysis Services
法的著作権: Microsoft Corp. All rights reserved.
ファイルの詳細
文字セット: Unicode
言語コード: English (U.S.)
ファイルフラグ: (none)
ファイルフラグマスク: 0x003f
エントリポイント: 0x140534
コードサイズ: 16046080


xmsrv.dllのエラーメッセージとは何ですか? 


ダイナミックリンクライブラリxmsrv.dllのエラー

Xmsrv.dllは、ダイナミックリンクライブラリ(DLL)ファイルの一種とみなされます。xmsrv.dllのようなダイナミックリンクライブラリファイルは、本質的に、Setup.exeのような実行可能ファイル(EXE)用の情報と指示を格納する、従うべき「ガイドブック」です。これらのファイルは、複数のプログラム(例:Microsoft Office Professional Plus 2013)が、同じxmsrv.dllのファイルを共有し、貴重なメモリ割り当てを節約し、それによってあなたのコンピュータをより効率的に実行できるように作成されます。

残念ながら、DLLファイルを非常に便利で効率的なものにするものは、それらを問題に対して非常に脆弱にもしてしまいます。共有されたDLLのファイルに何かが起こった場合、何らかの方法で行方不明になったり破損したりすると、「ランタイム」エラーメッセージが生成される可能性があります。ランタイムはまさに読んで字のごとくです。これは、これらのエラーは、Microsoft Office Professional Plus 2013が起動しているとき、またはすでに実行中のときに、xmsrv.dllを読み込もうとしたときにトリガーされることを意味します。最も一般的なxmsrv.dllのエラーには、次のものがあります:

あなたのMicrosoft Office Professional Plus 2013のファイルは、誤って削除されたか、別のプログラムの共有ファイルとしてアンインストールされたか(Microsoft Office Professional Plus 2013と共有)、またはマルウェア感染によって削除されたため、見つからない可能性があります。さらに、xmsrv.dllのファイルの破損は、Microsoft Office Professional Plus 2013の読み込み中に停電が発生した場合、xmsrv.dllの読み込み中にシステムがクラッシュした場合、あなたのストレージメディア(通常はあなたのプライマリハードドライブ)の不良セクタ、または、かなり一般的ですが、マルウェアの感染によって発生する可能性があります。 そのため、アンチウィルスを常に最新の状態に保ち、定期的にスキャンすることが重要です。



3ステップでxmsrv.dllエラーを修正する方法(完了までの時間:~5-15分)

上記のいずれかのエラーメッセージが表示された場合は、これらのトラブルシューティング手順に従ってxmsrv.dllの問題を解決してください。これらのトラブルシューティング手順は、推奨される実行順序でリストされています。


ステップ1:PCをエラー発生前の最新の復元ポイント、「スナップショット」、またはバックアップイメージに復元します。

システムの復元を開始するには(Windows XP、Vista、7,8、および10):

  1. Windowsのスタートボタンをクリックします
  2. 検索ボックスが表示されたら、「システムの復元」と入力し、「ENTER」を押します。
  3. 検索結果で、[システムの復元]を見つけてクリックします
  4. 管理者パスワードをご入力ください(該当する場合/求められた場合)。
  5. システム復元ウィザードの手順に従って、関連する復元ポイントを選択します。
  6. コンピュータをそのバックアップ画像に復元します。

ステップ1でxmsrv.dllのエラーが解決できない場合は、下記のステップ2に進んでください。

ステップ2:最近Microsoft Office Professional Plus 2013(または関連ソフトウェア)をインストールされた場合は、アンインストールしてから、Microsoft Office Professional Plus 2013のソフトウェアを再インストールしてみてください。

これらの手順に従って、Microsoft Office Professional Plus 2013のソフトウェアをアンインストールできます(Windows XP、Vista、7、8、および10):

  1. Windowsのスタートボタンをクリックします
  2. 検索ボックスに、「アンインストール」と入力し、「ENTER」を押します。
  3. 検索結果で、[プログラムの追加と削除]を見つけてクリックします
  4. Microsoft Office Professional Plus 2013 2013用のエントリを検索し、[アンインストール]をクリックします。
  5. アンインストールの指示に従います。

このソフトウェアが完全にアンインストールされたら、PCを再起動し、Microsoft Office Professional Plus 2013のソフトウェアを再インストールしてください。

このステップ2も失敗した場合、下記のステップ3に進んでください。

Microsoft Office Professional Plus 2013 2013

Microsoft Corporation

ステップ3:Windows Updateを実行します。

最初の2つの手順で問題が解決しない場合は、Windows Updateを実行するのは良い考えかもしれません。発生した多くのxmsrv.dllのエラーメッセージは、古いWindowsオペレーティングシステムが一因の可能性がございます。Windows Updateを実行するには、以下の簡単な手順に従ってください:

  1. Windowsのスタートボタンをクリックします
  2. 検索ボックスに、「アップデート」と入力し、「ENTER」を押します。
  3. Windows Updateのダイアログボックスで、[アップデートを確認する](またはWindowsのバージョンに応じて同様のボタン)をクリックします。
  4. アップデートがダウンロード可能な場合は、「アップデートのインストール」をクリックします。
  5. アップデートが完了したら、PCを再起動します。

Windows Updateがxmsrv.dllのエラーメッセージを解決できなかった場合は、次の手順に進みます。 この最終ステップは、上級のPCユーザー様にのみ推奨されます。



これらの手順が失敗した場合:xmsrv.dllのファイルをダウンロードして置き換えてください(注意:上級)

前の3つのトラブルシューティング手順のいずれでも、問題が解決していない場合は、適切なxmsrv.dllのファイルのバージョンをダウンロードして置き換えることによる、より積極的なアプローチを試すことができます(注意:アマチュアPCユーザー様には推奨されません)。当社は、該当するあらゆるバージョンのMicrosoft Office Professional Plus 2013用に、100%マルウェアフリーのxmsrv.dllのファイルの包括的なデータベースを維持しております。あなたのファイルをダウンロードして正しく置き換えるには、以下の手順に従ってください。

  1. 以下の「xmsrv.dllのファイルをダウンロード」のリストであなたのWindowsオペレーティングシステムのバージョンを探します。
  2. 該当する 「今すぐダウンロード」ボタンをクリックし、あなたのWindowsファイルのバージョンをダウンロードします。
  3. このファイルを適切なMicrosoft Office Professional Plus 2013のフォルダの場所にコピーします:
    Windows 10: C:\Program Files (x86)\Microsoft Analysis Services\AS OLEDB\110\
    Windows 10: C:\Program Files\Microsoft Analysis Services\AS OLEDB\110\
    Windows 10: C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\vfs\ProgramFilesX86\Microsoft Analysis Services\AS OLEDB\140\
    Windows 10: C:\Program Files\Microsoft Office 15\root\vfs\ProgramFilesX86\Microsoft Analysis Services\AS OLEDB\110\
    Windows 10: C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\vfs\ProgramFilesX86\Microsoft Analysis Services\AS OLEDB\140\
    さらに2個ディレクトリを表示 +
    Windows 10: C:\Program Files\Microsoft Analysis Services\AS OLEDB\110\
    Windows 8: C:\Program Files\Microsoft Analysis Services\AS OLEDB\110\
  4. コンピュータを再起動してください。

この最後のステップが失敗し、まだエラーが発生している場合、残りのオプションはWindows 10をクリーンインストールすることだけです。


ギークヒント: Windowsの再インストールは、非常に時間がかかり、xmsrv.dllの問題を解決するのは高度な作業であることを強調しなければなりません。データの損失を避けるために、処理を開始する前に重要な文書、画像、ソフトウェアインストーラ、およびその他の個人データをすべて確実にバックアップしておく必要があります。現在データをバックアップしていない場合は、すぐにデータをバックアップする必要があります。



xmsrv.dllのファイルをダウンロード(マルウェアテスト済み100%クリーン)


注意 : xmsrv.dllを適切なWindowsシステムディレクトリにダウンロードしてコピーすることを強くお勧めいたします。Microsoft様は通常、Microsoft Office Professional Plus 2013 DLLのファイルをダウンロード用にリリースしません。なぜなら、それらはソフトウェアインストーラの中に一緒にバンドルされているからです。インストーラのタスクは、xmsrv.dllとその他のすべてのDLLのファイルをMicrosoft Office Professional Plus 2013用にインストールして配置する前に、すべての正しい検証が行われていることを確認することです。DLLのファイルが正しくインストールされていないと、システムが不安定になり、プログラムやオペレーティングシステムが完全に機能しなくなる可能性があります。慎重に進んでください。

Windows 10
Windows 8


xmsrv.dllに関連するファイル


xmsrv.dllに関連するDLLのファイル

ファイル名 説明 ソフトウェアプログラム(バージョン) ファイルサイズ(バイト) ファイルの場所
Microsoft.SqlServer.Ty... Assembly de types spatiaux SQL Server Microsoft SQL Server (11.0.2809.27) 48080 C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\ADDI...
microsoft.office.infop... Microsoft.Office.InfoPath.FormControl Microsoft Office InfoPath (15.0.4420.1017) 31888 C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\
Microsoft.DataWarehous... Microsoft.DataWarehouse Microsoft SQL Server (11.0.2809.27) 318416 C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\ADDI...
FPSRVUTL.DLL Shared Web Utilities Component Microsoft Office 2013 (15.0.4420.1017) 2267784 C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\...
OSETUP.DLL Office Setup Engine Microsoft Office 2013 (15.0.4420.1017) 8991856 C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\...

xmsrv.dllに関連するその他のファイル

ファイル名 説明 ソフトウェアプログラム(バージョン) ファイルサイズ(バイト) ファイルの場所
OneX_v1.xsd XML Schema Definition Windows 8.1 5957 C:\Windows\L2Schemas\
WWAN_profile_v1.xsd XML Schema Definition Windows 7 6201 C:\Windows\L2Schemas\
WWAN_profile_v1.xsd XML Schema Definition Windows 8 6201 C:\Windows\L2Schemas\
WWAN_profile_v1.xsd XML Schema Definition Microsoft Office Access 2010 14 6201 C:\Windows\Temp\527D94AF-D053-4381-B105-0D815D5...
WLAN_profile_v1.xsd XML Schema Definition Windows Vista 15591 C:\Windows\L2Schemas\


RocketPC

SolvusoftによるWinThruster用のオプションのご提供 | EULA | 個人情報保護方針 | 規約 | アンインストール


アルファベット順にその他のファイル拡張子を参照:   # A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

体験版のソフトウェアをダウンロードしています。39.95USドルの1年間のソフトウェアサブスクリプションをご購入いただくと、すべてのソフトウェア機能のロックを解除することができます。サブスクリプションは、期末に自動更新されます(詳細はこちら)。上の「ダウンロードの開始」ボタンをクリックし、「ソフトウェア」をインストールすることにより、私はSolvusoftのエンドユーザー使用許諾契約書および個人情報保護方針を読み、同意したことを認めます。